web連載

コミックス好評発売中!

こんにちは。みなさま、猫はお好きでございますか?
こちらはさても面妖な二足歩行の猫がぶらぶら暮らしている漫画です。
こねこも出て来ます。こねこ。あと、ちょんまげとか、三味線とか───
…もうキーワードが思いつきませんがともかく、お気軽にぶらぶらとお楽しみ
頂けますれば恐悦至極にござそうろう。どうぞ夜露死苦お願いします。
あらあらかしこ  羽生山
弥源治
耳クロの白猫。美しっぽ。この界隈一の身軽な運動神経。まさに猫。腕は良いものの男癖が悪い。
しゅっとした色男だが、「にんげん一生クソ袋」みたいに思っているところがある。

清二
はちわれ白黒のモテモテな魚屋。女の子からの熱いまなざしとおかみさん連中の熱い値切りに日々奮闘する日々。弥源治が転がり込んで来てからは、弥源治の奔放さにあきれる日々。

ぼん
弥源治が拾った子猫。

重次郎
長屋のおっさん(大家さん)。
清二の親代わりのように思っているため、弥源治のことをあまりよく思っていない。弥源治がいるから清二が嫁をもらわないと思っている。

井川佐助
色男番付二位。
弥源治に興味がある。

お染
清二の三味線の師匠。

岩蔵源右衛門
浪人。
手習い所を開くも弟子はおらず。
いつも腹を空かせている。

三吉
ぼんのはじめての友達。

菊哉
清二を兄ィと慕う、なつっこい性格。
その正体は……?

松蔵親分
柳町のゴ●ゴ。
下っ引の半吉を引き連れ、
怪しいやつに目を光らせている。